株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2020年]
2017年3月3日 ザイ・オンライン編集部

ジャパンベストレスキューシステム(2453)が
株主優待を変更! 権利確定月が3月となり
自社サービス割引券から「キッザニア」優待券に!

ジャパンベストレスキューシステム株式会社が、株主優待の内容を変更すると2017年2月24日に発表した。

■ジャパンベストレスキューシステム
業種 コード 市場 権利確定月
(※変更後)
サービス業 2453 東証1部 毎年3月
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
257円 100株 2万5700円 2.33%
※株価などのデータは2016年3月3日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。
ジャパンベストレスキューシステムは、自宅のカギの紛失や水回りのトラブルなどを解決する「生活救急車サービス」が主力事業。キッザニアのスポンサーでもある。
拡大画像表示

ジャパンベストレスキューシステムの株主優待は、従来「9月末の時点で100株以上保有する株主に対し、保有株式数に応じてカギ・水まわり・ガラス・パソコン作業を対象とした同社の『サービス割引券』を贈呈」というものだった。

 今後は、「3月末の時点で同社の株を保有する全株主に対し、『キッザニア優待券』を1枚贈呈」となる。つまり、権利確定月と、優待内容の2点が変更される。

「キッザニア」は、楽しみながらさまざまな職業体験ができる、子ども向けの人気テーマパーク。東京都江東区の「キッザニア東京」と、兵庫県西宮市の「キッザニア甲子園」がある。優待券は平日の1部(9時~15時)・2部(16時~21時)、日曜日・祝日の2部(16時~21時)に、優待価格(20%割引)で、1枚につき19名まで利用できる。

 この株主優待の変更は、2017年3月31日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。

ジャパンベストレスキューシステムの株主優待制度の変更前と変更後

(変更前)
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 9月末  100株以上  自社サービス割引券5000円相当                        
 2500株以上  自社サービス割引券1万円相当      
 5000株以上  自社サービス割引券1万5000円相当
(変更後)
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 3月末  保有株式数に関係なく全株主  「キッザニア」優待券(20%割引) 1枚
 詳細  ※優待券は毎年6月中旬頃の到着日から翌年3月中旬まで有効。
 ただしキッザニアが定めるホリデーシーズンなど除外日あり。

ジャパンベストレスキューシステムの株主優待の利回りはどうなる?

ジャパンベストレスキューシステムの株主優待利回りは、キッザニアの入場料が時間帯、曜日、入園者の年齢などで異なるため、計算が難しい。参考までに、キッザニア東京の料金(平日第1部)は、大人(16歳以上)で1850円、小学生で3850円かかる。2017年4月よりキッザニアは価格改定(値上げ)を発表しているため、より優待券による割引額が高まることになる。

キッザニアは東京と甲子園の2カ所にある。
拡大画像表示

 なお、ジャパンベストレスキューシステムは、カギや水回り、ガラスなど、日常生活の中で起こりやすいトラブルを解決する事業が主力。コールセンター運営や不動産ビジネスサポート事業、少額短期保険なども手掛けている。キッザニアのスポンサー企業でもある。

 2017年2月13日に発表した2017年9月期第1四半期は売上高が前期比13.2%増、営業利益で同62.9%増、経常利益で同71.2%増と好調。

■ジャパンベストレスキューシステム
業種 コード 市場 権利確定月
(※変更後)
サービス業 2453 東証1部 毎年3月
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
257円 100株 2万5700円 2.33%
※株価などのデータは2016年3月3日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。