株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2017年2月22日 ザイ・オンライン編集部

ユニカフェ(2597)、株主優待の内容を変更!
基準日が従来の「3月末」⇒「12月末」へ
自社のコーヒーが贈呈される点は変わらず

 株式会社ユニカフェが株主優待内容を変更すると2017年2月14日に発表した。

 

■ユニカフェ
業種 コード 市場 権利確定月
食品 2597 東証1部 毎年12月
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
978円 100株 9万7800円 0.82%
※株価などのデータは2017年2月22日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。

 

ユニカフェは、レギュラーコーヒー及びコーヒー加工品の製造販売などを手がける企業。

ユニカフェの株主優待の変更内容は、従来「3月末日」を基準としていた株主優待を、「12月末日」を基準とした株主優待に変更するというもの。

 株主優待自体の内容は、「100株以上保有する株主に、ドリップコーヒー・レギュラーコーヒーセット(2000円相当の自社製品)、1000株以上保有する株主に、ドリップコーヒー・レギュラーコーヒーセット(3000円相当の自社製品)を贈呈」というもので、特別変更点はない。

 この株主優待の変更は、2016年12月31日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。

ユニカフェの株主優待制度の変更前と変更後

 

(変更前)
 基準日  所有株式数  株主優待内容
 3月末    100株以上
 1000株未満
 ドリップコーヒー・レギュラーコーヒーセット
2000円相当)
 1000株以上  ドリップコーヒー・レギュラーコーヒーセット
3000円相当)

 

(変更後)
 基準日  所有株式数  株主優待内容
 12月末  100株以上
 1000株未満
 ドリップコーヒー・レギュラーコーヒーセット
2000円相当)
 1000株以上  ドリップコーヒー・レギュラーコーヒーセット
3000円相当)

 

ユニカフェの株主優待の利回りはどうなる?

ユニカフェの2017年2月21日時点の株価(終値)は978円なので、株主優待利回りは以下のようになる。

(100株保有の場合)
投資金額:100株×978円=9万7800円
自社商品:2000円相当
株主優待利回り=2000円÷9万7800円×100=2.04%

(1000株保有の場合)
投資金額:1000株×978円=97万8000円
自社商品:3000円
株主優待利回り=3000円÷97万8000円×100=0.30%
※変更後も優待利回りには変化なし。

ユニカフェの株主優待は、自社製品の「ドリップコーヒー・レギュラーコーヒーセット」。今回の変更は優待内容や利回りに変更はないが、今後は基準日が従来の3月から12月へ変わることに注意が必要だ。

 なお、ユニカフェはUCCの子会社で、缶コーヒー原料など、レギュラーコーヒーの焙煎・加工などを手がけている。2017年2月14日に発表した2016年12月期決算(決算期変更に伴う9カ月の変則決算)では、販売数量は増加したものの、原料コスト上昇に見合った販売価格への転嫁遅れや販売費・一般管理費の増加により、売上高で前期比5.3%増、営業利益で23.6%減、経常利益で23.1%減。しかし同日に1株当たり8円の剰余金配当も発表。

 

■ユニカフェ
業種 コード 市場 権利確定月
食品 2597 東証1部 毎年12月
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
978円 100株 9万7800円 0.82%
※株価などのデータは2017年2月22日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。