株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2017年2月13日 ザイ・オンライン編集部

廣済堂(7868)、株主優待の内容を変更(改悪)!
株主優待品が従来のQUOカードから図書カードに
変更され、株主優待利回りもダウンすることに!

 株式会社廣済堂は、株主優待の内容を変更すると2017年2月8日に発表した。

■廣済堂
業種 コード 市場 権利確定月
その他製品 7868 東証1部 3月
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
378円 100株 3万7800円 --
※株価などのデータは2016年2月13日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。

 

廣済堂は印刷・IT・人材ビジネスを手掛ける会社
拡大画像表示

廣済堂の株主優待は、従来「100株(1単元)以上を保有する株主を対象に、保有株数に応じて『QUOカード』を贈呈」というものだった。

 今後は「100株(1単元)以上を保有する株主を対象に、保有株数に応じて『図書カード』を贈呈」に変更され、もらえる額も減らされる。

 この株主優待の変更は、2017年3月31日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。

廣済堂の株主優待制度の変更前と変更後の違い

(変更前)
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 3月末  100株以上500株未満  QUOカード1000円
 500株以上1000株未満  QUOカード3000円
 1000株以上  QUOカード5000円
(変更後)
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 3月末  100株以上500株未満  図書カード500円
 500株以上1000株未満  図書カード2000円
 1000株以上  図書カード3000円

 

廣済堂の株主優待の利回りはどうなる?

廣済堂の2017年2月13日時点の株価(終値)は378円なので、変更後の株主優待利回りは以下のようになる。

【変更前】
(100株保有の場合)
投資金額:100株×378円=3万7800円
QUOカード:1000円相当
株主優待利回り=1000円÷3万7800円×100=2.64%

(500株保有の場合)
投資金額:500株×378円=18万9000円
QUOカード:3000円相当
株主優待利回り=3000円÷18万9000円×100=1.58%

(1000株保有の場合)
投資金額:1000株×378円=37万8000円
QUOカード:5000円相当
株主優待利回り=5000円÷37万8000円×100=1.32%

【変更後】
(100株保有の場合)
投資金額:100株×378円=3万7800円
図書カード:500円相当
株主優待利回り=500円÷3万7800円×100=1.32%

(500株保有の場合)
投資金額:500株×378円=18万9000円
図書カード:2000円相当
株主優待利回り=2000円÷18万9000円×100=1.05%

(1000株保有の場合)
投資金額:1000株×378円=37万8000円
図書カード:3000円相当
株主優待利回り=3000円÷37万8000円×100=0.79%

廣済堂の株主優待は、「QUOカード」から「図書カード」へと変更。今回の変更により、優待利回りがダウンする変更(改悪)となった。その結果、発表の翌営業日となる2月9日の株価(終値)は、前日から約10%下落した。

 なお、廣済堂は印刷、求人、人材紹介など手掛け、グループ会社に出版事業の廣済堂出版や廣済堂あかつき株式会社、葬祭関連事業の東京博善株式会社などがある。2017年2月8日に発表した2017年3月期第3四半期決算では、売上高が前年同期比2.9%減となるも、営業利益が同32.2%増、経常利益は同30.4%増と堅調な伸び。

■廣済堂
業種 コード 市場 権利確定月
その他製品 7868 東証1部 3月
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
378円 100株 3万7800円 --
※株価などのデータは2016年2月9日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。