株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2016年12月28日 ザイ・オンライン編集部

ライオン、株主優待の内容を変更!
1000株⇒100株の単元株数変更に伴うもので
自社製品がもらえる優待内容には変化なし

ライオン株式会社が株主優待内容を変更すると2016年12月27日発表した。

■ライオン
業種 コード 市場 権利確定月
化学 4912 東証1部 毎年12月
株価(終値) 単元株数
(※2016年12月現在)
最低投資金額 配当利回り
1904円 1000株 190万4000円 0.68%
※株価などのデータは2016年12月28日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。

 

ライオンの株主優待は、従来「1000株(1単元)以上保有する全株主に、新製品を中心とした自社製品詰め合わせセットを贈呈」という内容だった。

2015年12月末時点の株主に贈呈された、ライオンの株主優待の内容

 今後もそれに変わりはないが、2017年4月1日を効力発生日として単元株数を1000株⇒100株に変更することに伴い、優待の対象となる保有株数が、1000株以上から「100株以上」に変更となる。

 この株主優待の変更は、2017年12月31日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。
 

ライオンの株主優待制度の変更前と変更後

(変更前)
 基準日  所有株式数  株主優待内容
 12月末  1000株以上  自社製品詰め合わせセット

 

(変更前)
 基準日  所有株式数  株主優待内容
 12月末  100株以上    自社製品詰め合わせセット


 これまでに贈呈されたライオンの株主優待は、金額にしていくら相当か明らかにされていない。前回の優待品はすべてオープン価格の商品なので正確な金額は算出しにくいが、市場価格では合計で2000円強~2500円程度となる。

 現時点のライオンの最低投資金額は190万円を超えているため、仮に優待品を2000円相当として計算すると、1000株保有したときの優待利回りは0.1%程度となり、優待利回りとしては低い水準と言える。

 今後、単元株数の変更で100株以上の保有から優待を受けられるようになるが、それで優待セットの中身が大幅に減るかどうかは定かではない。優待内容が維持された場合は、利回りが10倍になって魅力が増すため、ぜひ現状維持の株主優待セットがもらえることを期待したいところだ。

 なお、ライオンはハミガキやシャンプー、洗剤、医薬品、化学品などを手掛ける企業。歯ブラシで国内首位を占めるなど、歯科製品が事業の要。海外展開が好調なほか、原材料安も追い風となり、2016年12月期の業績は好調。11月には2016年12月期通期予想を上方修正しており、同時に増配も発表している。

■ライオン
業種 コード 市場 権利確定月
化学 4912 東証1部 毎年12月
株価(終値) 単元株数
(※2016年12月現在)
最低投資金額 配当利回り
1904円 1000株 190万4000円 0.68%
※株価などのデータは2016年12月28日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。