株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2016年11月22日 ザイ・オンライン編集部

GMOペパボ(3633)、株主優待の内容を変更! 
「おさいぽ!ポイント」「GMOポイント」に加えて、
新たに「minneクーポン」が追加されて利便性アップ

 個人向けレンタルサーバーサービスの運営などを手掛けるGMOペパボ株式会社が、株主優待の内容を変更すると2016年11月21日に発表した。

GMOペパボの株主優待は、従来「100株(1単元)以上保有する株主を対象に、年2回、保有株数に応じて、対象期間中に生じたGMOクリック証券の買付手数料、及び売買手数料キャッシュバック。さらに、保有株数に応じた金額相当分の『おさいぽ!ポイント』または『GMOポイント』(どちらか選択)を贈呈」というものだった。

GMOペパボはGMOグループ子会社で、前身は「有限会社paperboy&co.」。
拡大画像表示

 なお、「おさいぽ!ポイント」とは、同社サービスの月額利用料の支払いの際に、1ポイント1円として代金に充当できるポイントのこと。利用できるサービスに「ロリポップ!」「ヘテムル」「プチ・ホームページサービス」「30daysAlbum」「ムームードメイン」「カラーミーショップ」「グーペ」「JUGEM PLUS」がある。

 また、「GMOポイント」とは、  オンラインショッピングモール「カラメル」出店店舗など、 GMOインターネットグループ各社の運営する「GMOポイント」加盟店での商品購入の際、1ポイント1円として代金に充当できるポイントを指している。

GMOペパボの株主優待の内容は、今後も大筋で変わりはないが、一点だけ変更があり、選択制でもらえる2種類のポイントに加えて、新たに「minneクーポン」も選択できるようになる。

「minne」とは、GMOペパボが提供する国内最大のCtoCハンドメイドマーケットで、近年知名度・人気ともに上昇している。

 この株主優待の変更は、2016年12月31日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。

GMOペパボの株主優待制度の変更前と変更後

(変更前)
 基準日  所有株式数  株主優待内容
 6月末/
 12月末
 100株以上  ◆自社サービスで利用できるポイント(1500円相当)
(※「おさいぽ!ポイント」か「GMOポイント」のうち
 どちらか一つを選択)
 ◆GMOクリック証券手数料キャッシュバック
 ※買付手数料は上限なし。売買手数料は1500円まで
 200株以上  ◆自社サービスで利用できるポイント(3000円相当)
(※「おさいぽ!ポイント」か「GMOポイント」のうち
 どちらか一つを選択)
 ◆GMOクリック証券手数料キャッシュバック     
 ※買付手数料は上限なし。売買手数料は3000円まで
(変更後)
 基準日  所有株式数  株主優待内容
 6月末/
 12月末
 100株以上  ◆自社サービスで利用できるポイントかクーポン
1500円相当)
(※「おさいぽ!ポイント」か「GMOポイント」か   
 「minneクーポン」のうちどれか一つを選択)
 ◆GMOクリック証券手数料キャッシュバック
 ※買付手数料は上限なし。売買手数料は1500円まで
 200株以上  ◆自社サービスで利用できるポイントかクーポン
3000円相当)
(※「おさいぽ!ポイント」か「GMOポイント」か
 「minneクーポン」のうちどれか一つを選択)
 ◆GMOクリック証券手数料キャッシュバック
 ※買付手数料は上限なし。売買手数料は3000円まで

 

GMOペパボの株主優待の利回りはどうなる?

GMOペパボの2016年11月22日時点の株価(終値)は3320円なので、変更後の株主優待利回りは以下のようになる(※年2回優待を受け取り、売買手数料キャッシュバックを限界まで利用したものとして試算)。

(100株保有の場合)
投資金額:100株×3320円=33万2000円
優待合計:6000円相当
株主優待利回り=6000円÷33万2000円×100=1.80%

(200株保有の場合)
投資金額:200株×3320円=66万4000円
優待合計:1万2000円相当
株主優待利回り=1万2000円÷66万4000円×100=1.80%

GMOペパボの株主優待の変更点は、選択制でもらえるポイントにハンドメイドマーケット「minne」のクーポン券が加わった点。クーポン券と従来のポイントは金額にすると同額相当となるため、それほどインパクトのない変更内容となっている。現に2016年11月21日の大引け後に優待変更情報が発表されたものの、翌22日の株価に大きな変動は見られなかった。

 ただし、GMOグループの「GMOクリック証券」の売買手数料がキャッシュバックされる株主優待は個人投資家に人気。「GMOクリック証券」およびGMOグループの株主優待は、株主優待名人・桐谷広人さんも利用しているのでチェックしてみよう。
(※関連記事はこちら!⇒株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券は? 手数料、使い勝手で口座を使い分けるのが桐谷流!~桐谷広人さんの「ネット証券口座事情」~

◆GMOクリック証券【証券情報⇒GMOクリック証券の紹介ページ】
株式売買手数料(指値、税抜) 口座開設
10万円 30万円 50万円
98円 241円 241円
GMOクリック証券のキャンペーン詳細情報はこちら!
【GMOクリック証券の特長】
株式売買手数料の安さはネット証券でも最安レベルで、株主優待名人・桐谷広人さんも利用している人気の証券会社。近年は各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、ネット証券で上位5社に食い込むほど急成長。本格派のトレードツール「スーパーはっちゅう君」は株と先物取引の両方に利用できる優れもの頻繁に売買しない初心者やサラリーマン投資家はもちろん、信用取引やCFDなどのレバレッジ取引も活用する専業トレーダーまで、幅広い投資家におすすめ!
GMOクリックの口座開設はこちら!


 なお、GMOペパボは個人向けレンタルサーバー「ロリポップ!」や、ブログサービス「JUGEM」、ネットショップ運営サービス「カラーミーショップ」、ハンドメイドマーケット「minne」など、多様な個人向けインターネットサービスを提供する企業。GMOグループの子会社。2016年10月27日に発表した平成28年12月期第3四半期決算によると、通期の業績予想(売上高)は前期比2割超。「minne」の成長が追い風に。

■GMOペパボ
業種 コード 市場 権利確定月
情報・通信業 3633 JASDAQ 毎年6月/12月
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
3320円 100株 33万2000円 --
※株価などのデータは2016年11月22日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。