株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2016年11月10日 ザイ・オンライン編集部

ファーストブラザーズ、記念株主優待を実施!
上場市場変更を記念し、QUOカード3000円分などを
100株(投資金額17万9400円)以上の株主に贈呈!

【※2017年10月6日、ファーストブラザーズが株主優待の新設を発表!】
ファーストブラザーズ、利回り13%超の優待を新設! 保有期間と株数別にQUOカード1000〜4000円がもらえ、今年限定でレストラン優待1万5000円分も!


ファーストブラザーズ株式会社が、2016年10月に上場市場を東証マザーズから東証1部へと変更したことを受けて、記念株主優待を実施すると2016年11月10日に発表。今回の記念株主優待は、2016年11月末の株主限定。従来は株主優待は実施されていない。

ファーストブラザーズは不動産私募ファンドの運用などを手掛ける。
拡大画像表示

ファーストブラザーズが実施する記念株主優待の内容は「100株以上を保有する株主に、オリジナルの『QUOカード』3000円分、および東京ガーデンテラス紀尾井町にあるイタリアンレストラン&バーラウンジ“Salotto CANTICO”(サロットカンティコ)で利用できる割引券1万円分を贈呈」というもの。

 この優待を受けるためには、2016年11月30日時点の株主名簿に、1単元(100株)以上保有する株主として記載または記録されている必要がある。

ファーストブラザーズが実施する
記念株主優待の内容と優待利回りは?

■ファーストブラザーズが実施する記念株主優待の内容
 基準日  所有株式数  株主優待内容
 2016年
 11月末
 100株以上  ◆オリジナルQUOカード3000円
 ◆イタリアンレストラン&バーラウンジ
 “Salotto CANTICO”で利用できる割引券1万円分 

ファーストブラザーズの2016年11月10日時点の株価(終値)は1794円なので、今回の記念優待の優待利回りは以下のようになる。

  【ファーストブラザーズの株主優待利回り】
 (100株保有の場合)
 投資金額:100株×1794円=17万9400円
 優待品(QUOカードと割引券の合計):1万3000円相当
 株主優待利回り=1万3000円÷17万9400円×100=7.24%

ファーストブラザーズが実施する記念株主優待は、優待利回りが高く、人気の「QUOカード」が3000円分ももらえる点がメリット。レストラン割引券は利用できる人が限定されそうだが、「QUOカード」の分だけでも優待利回りは1.67%あるため、個人投資家の注目を集めそうだ。

 なお、ファーストブラザーズは2004年2月創業の独立系の不動産投資運用会社。不動産私募ファンド運用などを手掛ける。保有不動産の賃貸収入の増加や物件の売却益などにより営業益増。2016年11月2日には、やはり上場市場変更を記念した記念配当(平成28年11月期において1株当たり25円)の実施も発表している。

■ファーストブラザーズ
業種 コード 市場 権利確定月
不動産 3454 東証1部 2016年11月
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
1794円 100株 17万9400円 2.79%
※株価などのデータは2016年11月10日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。