桐谷さんの株主優待銘柄[2019年]
2016年10月4日 ザイ・オンライン編集部

桐谷さんがおすすめする株主優待銘柄を大公開!
2016年9月現在、株主優待の拡充や店舗の増加などの
好材料があり、今が「旬」の株主優待銘柄とは?

株主優待名人・桐谷広人さんが「おすすめの株主優待6銘柄」を紹介!「最近、株主優待の拡充を発表した」「現在、株価が過去の底値圏にある」「傘下の飲食店が出店を拡大中」など、株主優待名人・桐谷さんが独自の視点で、今こそ買うべきおすすめの株主優待銘柄を選んでくれた。

「高利回り」で「割安」なのは当り前!
今だからこそ買いたい理由がある株主優待銘柄を厳選!

 今回、桐谷さんが選んでくれたのは、「今が旬の株主優待銘柄」だ。

 桐谷さんの銘柄選びの基本方針である「配当+優待利回りが4%超」「ダイヤモンド・ザイに掲載している『理論株価』より株価が割安」というルールを厳守したうえで、「最近、株主優待の制度を拡充」したり、「値動きから見て、今が底値圏」だと考えられたりする、「今が旬」な銘柄に絞りこんでもらった。
(関連記事はこちら!⇒株主優待で儲ける極意を優待名人・桐谷さんが伝授! 配当+優待利回りが4%以上を待って投資するなど、安く買い、長く持ち、高く売る優待投資の秘訣とは?

 まず、最近増えている株主優待の拡充のパターンは「長期保有株主の優遇」だと桐谷さんは言う。一度買ったら長期間ずっと持ち続けてくれる株主に、プラスαの優待を贈呈する企業が増えているのだ。

「『ヨロズ(7294)』は昨年3月、『イハラケミカル工業(4989)』は今年5月に、長期保有株主の優遇による株主優待制度の拡充を発表しました。特にヨロズは100株の場合、株主優待でもらえるQUOカードは通常1000円分ですが、1年保有しただけで2倍の2000円に、3年保有すれば3倍の3000円になります。配当利回りも高くて、おすすめです」

 また、事業展開という視点で買い時だと教えてくれたのが、「SFPダイニング(3198)」で、桐谷さん絶賛の寿司店「きづなすし」の出店が拡大中だという。また従来の「銀のさら」に加え、妹ブランドと位置づける「すし上等!」を新展開し、客層の拡大を狙う「ライドオン・エクスプレス(6082)」にも注目だ。

「『SPFダイニング』は大宮、横浜にも出店していて、今後もさらに店舗が増えるでしょう。いい店なのは間違いないので、業績への貢献に期待します」

 このほか、「はるやま商事(7416)」や「オリックス(8591)」もおすすめとのこと。

 今回紹介した6銘柄のうち、イシハラケミカル工業、SFPダイニング、ライドオン・エクスプレスの株価は年初来安値付近にある点もポイント。桐谷さんが厳選した株主優待のおすすめ6銘柄をじっくりチェックしてほしい。
(関連記事はこちら!⇒【桐谷さんの株主優待・管理ノートを初公開!】桐谷さんが30年も続けている株主優待の記録とは?日々記入すべきこととチェックポイントも紹介!