株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2016年10月2日 ザイ・オンライン編集部

イオンモール(8905)、株主優待を変更!
3年以上継続保有する1000株(10単元)以上の株主を
優遇して、追加で「イオンギフトカード」を贈呈!

イオンモールは2017年2月末から株主優待制度を変更(長期保有株主優待制度を新設)すると、2016年9月30日に発表した。

■イオンモール
業種 コード 市場 権利確定月
不動産 8905 東証1部 毎年2月末
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
1588円 100株 15万8800円 1.70%
※株価などのデータは2016年9月30日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。
イオンモールはイオングループの中核となる企業。全国でショッピングセンターを展開。
拡大画像表示

イオンモールが新しく導入する長期保有株主優待制度の内容は「1000株以上を3年以上継続保有する株主に、保有株数に応じて『イオンギフトカード』を追加で贈呈」というもの。

 なお、イオンモールの従来の株主優待の内容は、「100株以上保有する株主に、保有株数に応じて『イオンギフトカード』またはカタログギフトを贈呈。同額相当の『カーボンオフセットサービス』の購入も選択可能」となっている。

 カーボンオフセットとは、排出される温室効果ガスを“埋め合わせる”という考え方のことで、カーボンオフセットサービスの購入を選択すると、株主優待品相当額分の二酸化炭素(CO2)排出権が、一般社団法人「日本カーボンオフセット」を通じて、国の償却口座に無償で移転される。

 長期保有の株主は、これらの現行の優待に加え、追加の優待が受けられるようになる。イオンモールの株主優待の変更は、毎年2月末の株主名簿に記載された、1000株(10単元)以上を保有する株主が対象となり、2017年2月末から適用される。

イオンモールの株主優待制度の変更前と変更後

(変更前)
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 2月末  100株以上 (以下から1つ選択)
 ◆イオンギフトカード3000円
 ◆カタログギフト3000円
 ◆カーボンオフセットサービスの購入3000円
 500株以上 (以下から1つ選択)
 ◆イオンギフトカード5000円
 ◆カタログギフト5000円
 ◆カーボンオフセットサービスの購入5000円
 1000株以上 (以下から1つ選択)
 ◆イオンギフトカード1万円
 ◆カタログギフト1万円
 ◆カーボンオフセットサービスの購入1万円
(変更後)
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 2月末  100株以上 (以下から1つ選択)
 ◆イオンギフトカード3000円
 ◆カタログギフト3000円
 ◆カーボンオフセットサービスの購入3000円
 500株以上 (以下から1つ選択)
 ◆イオンギフトカード5000円
 ◆カタログギフト5000円
 ◆カーボンオフセットサービスの購入5000円
 1000株以上を
 3年未満保有
(以下から1つ選択)
 ◆イオンギフトカード1万円
 ◆カタログギフト1万円
 ◆カーボンオフセットサービスの購入1万円
 1000株以上を
 3年以上保有
(以下から1つ選択)
 ◆イオンギフトカード1万円
 ◆カタログギフト1万円
 ◆カーボンオフセットサービスの購入1万円
 ※上記の優待に上乗せして、イオンギフトカード
 2000円分を追加で贈呈
 2000株以上を
 3年未満保有
(以下から1つ選択)
 ◆イオンギフトカード1万円
 ◆カタログギフト1万円
 ◆カーボンオフセットサービスの購入1万円
 2000株以上を
 3年以上保有
(以下から1つ選択)
 ◆イオンギフトカード1万円
 ◆カタログギフト1万円
 ◆カーボンオフセットサービスの購入1万円
 ※上記の優待に上乗せして、イオンギフトカード
 4000円分を追加で贈呈
 3000株以上を
 3年未満保有
(以下から1つ選択)
 ◆イオンギフトカード1万円
 ◆カタログギフト1万円
 ◆カーボンオフセットサービスの購入1万円
 3000株以上を
 3年以上保有
(以下から1つ選択)
 ◆イオンギフトカード1万円
 ◆カタログギフト1万円
 ◆カーボンオフセットサービスの購入1万円
 ※上記の優待に上乗せして、イオンギフトカード
 6000円分を追加で贈呈
 5000株以上を
 3年未満保有
(以下から1つ選択)
 ◆イオンギフトカード1万円
 ◆カタログギフト1万円
 ◆カーボンオフセットサービスの購入1万円
 5000株以上を
 3年以上保有
(以下から1つ選択)
 ◆イオンギフトカード1万円
 ◆カタログギフト1万円
 ◆カーボンオフセットサービスの購入1万円
 ※上記の優待に上乗せして、イオンギフトカード
 1万円分を追加で贈呈
 詳細 「長期保有株主優待制度」の対象となるのは、毎年2月末日の株主名簿に、
 イオンモールの株式1000株以上の株主として記載され、保有継続期間が3年以上の
 株主(同一株主番号で2月末日及び8月末日の同社株主名簿に連続7回以上記載された
 株主)
となっている。

 

イオンモールの2016年9月30日時点の株価(終値)は1588円なので、優待利回りは以下のようになる。

  【イオンモールの株主優待利回り】
 (100株保有の場合)
 投資金額:100株×1588円=15万8800円
 優待品:3000円分
 株主優待利回り=3000円÷15万8800円×100=1.89%

 (500株保有の場合)
 投資金額:500株×1588円=79万4000円
 優待品:5000円分
 株主優待利回り=5000円÷79万4000円×100=0.63%

 (1000株保有の場合※3年未満保有)
 投資金額:1000株×1588円=158万8000円
 優待品:1万円分
 株主優待利回り=1万円÷158万8000円×100=0.63%

 (1000株保有の場合※3年以上保有)
 投資金額:1000株×1588円=158万8000円
 優待品:1万2000円分
 株主優待利回り=1万2000円÷158万8000円×100=0.76%

イオンモールの株主優待は、1000株以上を3年以上継続保有すると、優待利回りがアップするように。利回りとしてそれほど高いわけではなく、最低でも158万8000円投資しなければいけないのでハードルは高いが、イオンモールで利用できるイオンギフトカードが追加でもらえるのは魅力的。イオンモールの店舗をよく利用する人は、長期保有を視野に入れてみてもよさそうだ。

 なお、イオンモールはイオングループの中核企業であり、ショッピングモールの開発などのディベロッパー事業を手がける。ダイエーを子会社化し、ダイエー・グルメシティ店舗のイオン化を進行中。他にも国内外で順調にモール出店を進め、2016年3~8月期の連結経常利益は、前年同期比4%増の205億円前後と、従来予想を上回る伸び。

■イオンモール
業種 コード 市場 権利確定月
不動産 8905 東証1部 毎年2月末
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
1588円 100株 15万8800円 1.70%
※株価などのデータは2016年9月30日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。