株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2016年9月26日 ザイ・オンライン編集部

DIC(4631)、株主優待の内容を変更! 
従来の美術館入館券に加えて、今後は年2回、
自社グループ商品とカレンダーも追加で贈呈へ

DIC株式会社が株主優待の内容を変更すると2016年9月26日に発表した。

■DIC
業種 コード 市場 権利確定月
化学工業 4631 東証1部 12月末/6月末
(※変更後)
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
3140円 100株 31万4000円 2.55%
※株価などのデータは2016年9月26日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。

 

DICはインキ業界で世界シェアトップの企業。DIC川村記念美術館は、千葉県佐倉市にあるDICの総合研究所敷地内にあり、DICとその関連会社が収集した美術品が公開されている。
拡大画像表示

DICの株主優待は、従来「毎年12月末時点で100株以上保有する株主に、『DIC川村記念美術館』入館券2枚(1枚で1人入場可)贈呈」というもの。

 今後は「毎年12月末時点で100株以上保有する株主に、『DIC川村記念美術館』の入館券付絵葉書2枚(1枚で2人まで入場可)と、自社グループ製品(2016年12月末分については『藻のすごい青汁』)を贈呈。6月末時点で100株以上保有する株主に、オリジナルカレンダー1部贈呈」へと変更される。

 この株主優待の変更は、2016年12月31日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。

DICの株主優待制度の変更前と変更後

(変更前)
 基準日  所有株式数  株主優待内容
 12月末  100株以上  「DIC川村記念美術館」入館券2枚
(※展覧会によって入館料は変わる)        
(変更後)
 基準日  所有株式数  株主優待内容
 12月末  100株以上  ◆「DIC川村記念美術館」入館券付絵葉書2枚
(1枚で2人まで入場可)
 ◆自社グループ製品
(2016年は「藻のすごい青汁」90g。定価4298円、税込)
 6月末  100株以上  オリジナルカレンダー1部

 

DICの株主優待の利回りはどうなる?

DICの2016年9月26日時点の株価(終値)は3140円なので、変更後の株主優待利回りは以下のようになる(※展覧会によって値段の変わる美術館チケットやオリジナルカレンダーの価値は考慮せず、自社グループ製品の価格から利回りを計算)。

(100株保有の場合)
投資金額:100株×3140円=31万4000円
自社グループ製品:4298円
株主優待利回り=4298円÷31万4000円×100=1.37%

DICの株主優待は、以前まで千葉県佐倉市にある美術館のチケット2枚のみで、興味がある人、実際に利用できる人がかなり限定される内容だった。しかし、今後は優待回数が年2回に増え、自社グループ製品が追加されることによって利回りもアップし、興味を持つ人が増えそうだ。さらに、美術館のチケットも、これまで2枚で2人まで無料だったところが、今後は4人まで無料となるため、美術館ファンにとっても歓迎すべき変更内容となっている。

 なお、DICはプリンティングインキで世界シェアトップの企業。その他にも樹脂や電子材料など多角的に手掛ける。円高の影響を受けて海外での収益が多少落ち込むも、国内での収益改善や高付加価値製品の伸びによって、減収分を吸収。2016年12月期は減益予想だが、金利低下による支払利息の減少などが影響して、減益幅は縮小の見通し。

■DIC
業種 コード 市場 権利確定月
化学工業 4631 東証1部 12月末/6月末
(※変更後)
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
3140円 100株 31万4000円 2.55%
※株価などのデータは2016年9月26日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。