株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2018年]
2018年7月11日 ザイ・オンライン編集部

オリバー、株主優待を変更! 優待品がジェフグルメ
カードになって利便性がアップし、権利獲得に必要な
株数が10分の1になって優待ゲットが手軽になった!

 業務用・店舗用家具の製造・輸入販売を手掛ける株式会社オリバーが、株主優待の内容・配布基準の変更、長期保有優遇制度の導入を2018年7月6日に発表した。

オリバー(7959)の株主優待オリバーは店舗、病院、空港や大型施設などの家具を主として製造・輸入販売する、業務用家具・インテリアの大手。
拡大画像表示

 オリバーは毎年10月20日に株主優待を実施しており、従来の内容は「1000株(10単元)以上保有する株主に、『自社カタログ掲載商品・50%割引券』を2枚贈呈」というものだった。

 今後は、「100株(1単元)以上保有する株主に、継続保有期間2年未満ならば『ジェフグルメカード』1500円分を贈呈。継続保有期間2年以上ならば『ジェフグルメカード』3000円分を贈呈」に変更される。

 この株主優待の変更は、2018年10月20日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。

オリバーの株主優待制度の変更前と変更後

 (変更前)
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 10月20日  1000株以上  自社カタログ掲載商品50%割引券×2枚
 (変更後)
 基準日  保有株式数  継続保有期間  株主優待内容
 10月20日  100株以上  2年未満  ジェフグルメカード1500円
 2年以上  ジェフグルメカード3000円
 備考  ※継続保有期間2年以上とは、毎年4月20日と10月20日を基準とする株式名簿に、
  同一株主番号で5回以上連続して記載または記録されていることとする。

 オリバーの2018年7月11日時点の株価(終値)は2147円なので、変更後の株主優待利回りを計算すると、以下のようになる。

【変更後】
(100株・2年未満継続保有の場合)
投資金額:100株×2147円=21万4700円
優待品:1500円分
優待利回り=1500円÷21万4700円×100=0.69%

(100株・2年以上継続保有の場合)
投資金額:100株×2147円=21万4700円
優待品:3000円分
優待利回り=3000円÷21万4700円×100=1.39%

 オリバーの変更後の株主優待品は全国3万5000店の飲食店で使える「ジェフグルメカード」になって利便性が大幅にアップ。変更前は、自社のカタログ掲載商品(家具など)の買い物に利用できる50%割引券で、利用すればお得度は高かったが、利用できる人が限定されていたのと同時に、権利獲得に1000株(10単元)以上の保有が必要という点も、ハードルが高かった。

 変更後は、株主優待の権利を得られる最低株数が従来の10分の1の100株に変更されたうえ、誰でも利用できて使い勝手がいいジェフグルメカードが贈呈されることになり、株主優待銘柄としての魅力は増したと言えるだろう。なお、オリバーは流動性の低い名証2部の銘柄であることに加え、株主優待の割当基準日が10月20日と、多くの企業のように月末ではないので、投資をする際には注意が必要だ。

 なお、オリバーは病院、オフィス、店舗、成田国際空港や中部国際空港(セントレア)などの空港、大型施設などにイスやソファ、機能付き家具などを製造・販売すると共に、輸入家具の販売も手掛ける企業。九州・沖縄から北海道にかけて多くの支社・支店を持ち、米国など海外にも進出している。2018年10月期(通期)の連結業績予想は、すべて前期比で売上高4.3%増、営業利益12.5%増、経常利益0.6%増、当期純利益15.4%減となる見通し。

■オリバー
業種 コード 市場 権利確定月
その他製品 7959 名証2部 10月20日
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
2147円 100株 21万4700円 0.93%
※株価などのデータは2018年7月11日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。